【スポンサーリンク】

働く日本人達よ悩んでるくらいならすぐやっちゃいな

f:id:nonbiridenote:20170908000513j:plain

 

最近思うこと。仕事であれこれ悩んでいる時間はすごくもったいない。大抵の場合、すぐやっちゃった方が良いんじゃんなかろうかと。

 

例えば、メールを送信する時。

 

送信ボタンにマウスカーソルを持って行ってから悩むことはありませんか?誤字脱字はないか。相手に失礼はないか。誤解を生む表現ではないか。記載漏れはないか。分かりやすいか、等々。

 

そういう時は、取り敢えず送っちゃえばいいんじゃないかなぁ、と最近思っています。相手も日本人でしょ?誤字脱字は何とかなります。少しは話したことのある相手でしょ?多少失礼な文面があったとしても、怒ったりしないですって。悩んでいる時間は凄く勿体ないので、サクッと送信しちゃえばいいんじゃないでしょうか?

 

例えば、報告や相談をするとき。

 

報告や相談をしたくて、相手が見つかっていざ話しかけるときに悩むことはありませんか?話の順序をどうしよう。忙しい所に話しかけて迷惑じゃないか。今回は見送って後日にした方が良くないか、等々。

 

そういう時は、取り敢えず話しかけちゃったら良いんじゃないかなぁ、と最近思っています。順番ぐちゃぐちゃでも、一生懸命話せば伝わると思う。忙しかったら忙しいって言うよ大人だし。話しかけたくらいで大の大人がいちいち根に持ったりするはずがないです。

 

それ以前に、報告や相談を後回しにして良かったことは一度もありません。重要であればあるほど、早く話した方が良いんですよね。悩む時間は勿体ない・・・というか無駄なので、すぐに話しかけちゃえば良いですよね。

 

そういえば、トヨタ自動車で生まれたジャストインタイム(=JIT)の中で、改革の基本精神十箇条というのがあります。その十箇条の中の一つに、「パーフェクトを求めるな、50点でいい、すぐやれ」という言葉がありますが、まさしくそういうことなんだなと感じます。

 

明日から実践してみましょう。十日もやり続けると、きっと目に見える変化が表れるはずです。仕事の残件が減ったり、早く帰れたり、気持ちが楽になったり。。。

 

個人的には、早く帰れるようになりたいです。頑張ろう。

広告を非表示にする

【スポンサーリンク】